2017年

  • Choi Kyeongjin, “bCom ldan rig ral on the Methods for Proving Momentariness,” Journal of Indian and Buddhist Studies, 65-3, (In Press)

2016年

  • 福田洋一「チベット論理学におけるldog paの起源」『印度学仏教学研究』65-1, pp.404–410, 2016.
  • Fukuda Yoichi, “Reinterpretation of the compound svabhāva-pratibandha in Dharmakīrti’s logical theory,” The Proceedings of the Fifth International Dharmakīrti Conference (in press).
  • Choi Kyeongjin, “Understanding on the Proof of Momentariness from the Viewpoint of Bo dong ’Jam pa’i dbyangs Sho re ba: Based on His Commentary on the Pramāṇaviniścaya,” Journal of Indian and Buddhist Studies, 64-3, pp.1329-1332, 2016.
  • 福田洋一「霧の中の初期チベット論理学」人文情報学の最前線2016(大谷大学)2016年12月17日 プレゼン資料
  • 崔境眞「チャパ・チューキセンゲの刹那滅論証理解:Pramāṇaviniścayaに対する註釈を中心に」日本チベット学会大会(身延山大学)2016年11月20日
  • 石田尚敬「ゴク・ロデンシェーラップ著『五巻本の解説』(Bam po lnga pa’i bshad pa)の構成 」日本チベット学会大会(身延山大学)2016年11月20日
  • 福田洋一「チベット論理学におけるldog paの起源」日本印度学仏教学会第67回学術大会(東京大学)2016年9月2日
  • 福田洋一「初期チベット論理学成立史解明のための基礎研究(現状報告)」平成28年度第1回インド論理学研究会(駒澤大学)2016年5月14日

2015年

  • 福田洋一「初期チベット論理学書の科段構成について」『印度学仏教学研究』64-1(2015), pp.(50)-(57).
  • 崔境眞「ダルマリンチェンのsvabhāvapratibandha理解―本質的結び付き(’brel ba)の定義をめぐって―」『日本西蔵学会々報』60, pp.29-41, 2015.
  • 福田洋一「初期チベット論理学書の科段構成について」平成27年度日本印度学仏教学会第66回学術大会(高野山大学)2015年9月20日

2014年

  • Yoichi Fukuda, “Online Search System on the texts of Tibetan logic in the Pre-Gelugpa period,” Database presentations at Fifth International Dharmakīrti Conference, Heidelberg (2014/8/27).
  • Yoichi Fukuda, “Reinterpretation of the compound “svabhāva-pratibandha” in Dharmakīrti’s logical theory.” The Fifth Dharmakīrti Conference, Heidelberg (2014/8/29)
  • Choi Kyeongjin, “Phya pa's Understanding on the Proof of Momentariness in the Section of Svabhāvahetu in the Pramāṇaviniścaya,” on the 17th Congress of the International Association of Buddhist Studies, University of Vienna, Vienna, Austria, August 18-23, 2014.
  • Choi Kyeongjin, “The Indeterminate Role of Bādhakapramāṇa in the Pramāṇaviniścaya,” on the 5th International Dharmakīrti Conference, the Crowne Plaza Hotel Heidelberg, Heidelberg, Germany, August 26-30, 2014.
  • 崔境眞「Bo dong Sho re baの刹那滅論証に関する理解について」於第65回日本印度学仏教学会(武蔵野大学 2014.8.30 – 8.31)
  • 福田洋一「カダム派論理学書の(秘)KWIC 検索サイト」第2回チベット学情報交換会(苫小牧市民会館)2014年10月24年
  • 崔境眞「タルマリンチェンのsvabhāvapratibandha理解―必然的関係(’brel ba)の定義をめぐって―」於第62回日本チベット学会大会(苫小牧駒澤大学 2014.10.25)

2013年

  • 福田洋一「ツォンカパ後期中観思想における二諦の同一性と別異性」、『真宗総合研究所紀要』査読有、30、pp.89–101、2013年。
  • 福田洋一「kun rdzob bden pa'i ngo boとdon dam bden pa'i ngo bo」、『印度學佛教學研究』査読有、61-2、pp.974–981、2013年。
  • 石田尚敬「ダルモーッタラによる分別知の考察」『印度學佛教學研究』査読有、62、2013年(印刷中)。
  • 石田尚敬「ダルモーッタラ著『Apohaprakaraṇa』の冒頭偈について」『奥田聖應先生頌寿記念 : インド学仏教学論集』査読有、pp. 765–774、2013年(印刷中)。

2012年

  • 福田洋一『プラマーナ・ヴァールティカ』自注におけるpratibandhaの意味」、『インド論理学研究』査読有、5、pp.73–107、2012年。
  • 福田洋一「svabhåvapratibandha の複合語解釈」、『インド論理学研究』査読有、4、pp.205–222、2012 年。
  • 福田洋一「ツォンカパにおける分別知の構造」、『大谷学報』査読無、92-2、pp.1–29、2012 年。
  • 福田洋一「自立派と中観派の不共の勝法」、『印度學佛教學研究』査読有、60-2、pp.1058–1051、2012年。

2011年

  • 福田洋一「ダルマキールティとanyāpoha」、『インド論理学研究』査読有、2、pp.57–71、2011年。
  • 福田洋一「mtshan mtshon gzhi gsumの実例の読解」、『インド論理学研究』査読有、3、pp.133–148、2011年。
  • 石田尚敬 Dharmottaras Pramaāṇaviniścayaṭīkā zum auf der Realität basierenden logischen Nexus, Ishida Hisataka, Doctoral dissertation, Universität Wien, 2011
    [http://othes.univie.ac.at/13375/].
  • 石田尚敬 “On the classification of anyāpoha”, Ishida Hisataka, Religion and Logic in Buddhist Philosophical Analysis: Proceedings of the Fourth International Dharmakīrti Conference. Vienna, August 23-27, 2005, 査読有, pp.197–210, Verlag der Österreichischen Akademie der Wissenschaften, 2011.

2010年

  • 福田洋一「自相のアポーハ・観念のアポーハ・普遍・特殊・矛盾・結合:チベット論理学における概念操作の方法」、『インド論理学研究』査読有、1、pp.223–241、2010 年。
  • 福田洋一「『ラムリム・チェンモ』における『入中論』の二諦説」、『印度學佛教學研究』査読有、58-2、pp.561–570、2010年。
  • 石田尚敬 “Inferring the intentions of others”, Ishida Hisataka, Indian Logic I: In Honour of Professor Shiro Matsumoto on His Sixtieth Birthday, 査読有, pp.403–438、2010.

2009年

  • 石田尚敬 “Newly discovered Dignāga fragment in Sanskrit”, Ishida Hisataka, Journal of Indian and Buddhist Studies, 査読有, 57-3, pp. 99–103、2009.